スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9595

2009/12/14 11:38
いまふとカウンターをみたら、09595になっていました。なんとなくキリが良いので更新。
辺境の地にある亀ペースブログにこんなにたくさんのご訪問ありがとうございます。
キリ番を踏まれた方は、ぜひぜひご連絡を~。
10000まであと少し。

今月初めから、オーボエの呼吸法のために、ヨガの呼吸法&歌のレッスンを始めました。
先週の土曜からはほぼ毎朝こんな感じ。
外で呼吸の練習→ジョギング→散歩でクールダウンでだいたい40分。
この呼吸法を教えてくれたミン(いまカルテットを一緒にやっているフルートの友達。美人です)によると、朝起きてすぐ水を飲んだ後にこの呼吸法をし、その後に朝食を食べるといいらしい。
これで一日中あたますっきり

彼女は肉好き野菜嫌いと公言しているのにもかかわらず、スリムでかなりかわいいんです。その秘訣はヨガにあったのかと納得。

歌のレッスンは大分前から先生に勧められてたんだけど、全く時間なくて無理でした。
でも、オーボエレッスンで問題になるところが毎回一緒なので、すぐに始めねば、ということになり。
歌は、まだまだ発声とかの段階でなく、ひたすら呼吸とお腹の支えの練習です。
自分のお腹の支えのコントロールのなさにかなりショックを受けましたが、逆にこれさえ良くなれば、劇的に改善すると期待

朝食は練習前なので軽めに、ただし同時に栄養補助のサプリメントとプロテインも摂取してます。
ここ数日、朝8時前後に目覚めるので、早くも効果が現れてる
ヨガなのか、歌なのか、はたまたサプリ&プロテインの何がが効いてるのかわかりませんが、かなりいい感じ
スポンサーサイト

マラソン&テレビ体操

2009/12/01 09:17
例によって例のごとく、今朝は4時半にばちっと目が覚めてしまいました。
もっと寝たいんだけどな。
本当は練習したり買い物に行ったりしたいんだけど、早すぎて出来ません。
無理なものは無理なので、あきらめてシャキッと起きました
体内時計によると、起きて10~14時間後くらいが一番能力が発揮できるらしいです(学力テストやスポーツ選手の記録でも証明されています)。きょう14時にオーボエレッスンだから丁度いいや。

人工照明でも、体内時計の狂いを直すことができるとのことなので(とっこさんありがと~)さっそく家の電気をつけました
‥ま、眩しい
こんな時間に耿々と明かりが灯ってるところなんてうちくらいでしょう。
そして、最近気になっていたお風呂の掃除
それでもまだ6時にならないので、ラジオ体操して、マラソンしてきました~
なんと健康的生活
以前ブログにも書きましたが、片頭痛対策に始めたマラソン、意外とはまっちゃったのです。
ヨガとかも一時期試みたけど、なんか物足りなくて。
私にはもっとしっかりした『運動』が必要みたいです。

じつは3週間ほど前のこと。
チェロのミカ(日本人ぽい名前だけど韓国人です。超キュート)や何人かの友達から『メイプル痩せた?』と言われていて、自分でも服がやたらとゆるいな~と思ってはいました。
体型は気にするけど、体重は全く気にしていない私は、その後も気にとめず過ごしていました。
が、ふとした時に、やっぱりミカの言葉が気になって?ヶ月ぶりに体重計に載ると、な、なんと

3キロは減ってました(その前何キロだったかもよく思い出せない)。
これは、病気で退院した直後の過去最低体重と同じではないか
これは ま・ず・い

たった3キロ?と思われるでしょうが、私はそもそも、あんまり体重が増減しない体質で、±1キロくらいの体重を10年以上保っているのです。
3キロも少ないとは、私にとっては異常事態。
3週間前といえば、忙しすぎて食事をしっかりとれてなかった頃。
『間違いなく筋肉が落ちたな』

痩せるときは、筋肉から落ちてゆき、その後に脂肪が減るものです。
そもそも最近運動してる時間は全くなかったし。

それ以来、昼も忙しくともなるべく家に帰ってきて、しっかりした食事をつくってます。
それから、バス通学をできるだけ徒歩通学にしています。
でも、こんなにも早く目が覚めるなら、ということでマラソンを再開してみることにしました。
Youtubeに上がっているラジオ体操ならぬ『テレビ体操』wもダウンロードしたし。
毎日は無理だろうけど、時々やってみます。

『戴冠ミサ』と体内時計

2009/11/30 06:53
演奏会は無事終わりました~。
やはりStaatstheaterの方たちの演奏は安定感バツグンで、直前のみの練習、教会のアマチュア合唱団との演奏でも、ものともせず落ち着いて演奏してらっしゃいました。
やはり上手い人たちとの演奏は楽しいです。
1番オーボエのクリストファーも、すごく頼りになるので、安心して吹けました。
今回、木管はオーボエ2本だけの編成で、目立ちまくりだったのですが、音楽表現や音程などもかなり合っていたと思います(なにせ同門なのでやりやすい!)。

それにしても緊張で疲れたかも。
結局、楽譜は木曜の夜にもらったのですが、その日はコンサートを聴きに行っていたのでその後練習できず、金曜も室内楽のレッスンとその前の合わせで3時間以上吹いていたため、あまり長くは練習できず、殆ど前日の土曜に練習する破目になってしまいました。
土曜こそ『きょうは一日練習するぞ~』と思っていたところ、午前中に突然、クリストファーから電話がかかってきて
『当日GPで、すぐ本番はなんだから、今日Probe(合わせ練習)しない?』というもので、『‥まだ楽譜見終わってないんだけど』とは言ってみたものの、ぶっつけ本番よりはましだと思い、急遽Probeへ。
初見のところもありましたが、合わせるうちに曲が大体わかり、合うようになったので、やって本当によかったです。

本番は朝10時のGottesdienst(教会の礼拝)で、直前の9時にGP(通し1回のみ)というぎりぎりスケジュールでした。
朝6時半に起きたため、コンディション調整(ちゃんと朝起きられるか&うまく音だし出来るか)と一回しかない練習&さらにプロの方々の中での演奏で緊張はピークでした。
本番の前に精神的に疲てしまったかも‥、ちょっと悔しいです。
無難には吹けたものの、もうちょっとアグレッシブにできたらよかったな~と思ってます。
緊張の中でも、練習不足の中でも、自分の出せることを100%出しきる、それはまだまだだな~と思いました。
これは場数を踏むしかないかもしれません。

ところで、話は変わって、タイトルの体内時計
[『戴冠ミサ』と体内時計]の続きを読む
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。