スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日終了

2006/04/23 20:51
JugendorchesterのPremiere(初日公演)終了後のレセプションにて。

Premiere

Probeの時にはオケのメンバーとはほとんど話していなかったんですが、みんな実はとても熱かった。みんな音楽が本当に好きなんだな~と。
私は、ドイツ人はどうも、休憩・解散の時などに素早くあっと言う間に居なくなっていたりするのが印象的で、個人プレイなら熱くてもこういう団体行事などに対しては淡白な人たちなのかなぁと思っていたのですが、そんなことはなかった。
演奏後、しゃべりまくっている彼らに私はただただ圧倒されてました。ドイツ語の嵐(しかも酒入り)はしんどかったけど、少しは分かるようになった‥気がします。

食べ物を持ち寄るように、と言われていたのですが、お昼に買い物に行ったときにはすっかり忘れていて、帰ってきてから慌ててうちにある材料でできるおにぎり(俵型)を作りました。これがけっこう好評で、いろんな人から『このスシおいしいね!』と言ってもらいました。‥いやはや、こっちの人からしたら、ご飯の塊はみんな寿司にみえるのだろうか? (形も紛らわしかったけど)ちゃんと訂正しておきましたけどね

フィリップの後任は、やっと3日前から新しい女性が来てくれました。
すごく音が太くてキレイだな~と思っていたら、以前Theaterで演奏していたとか。とても心強い存在でうれしいのですが、さすがの彼女も練習2回ではツラそう。私は出だしの合図をするように言われたけど、これが下手なんですよー。失敗しまくり
まぁあと6回本番があるので、最後までにはなんとかうまくいくかな。

仲良くなったフルートのイザベルから本番前にもらったカード。

Karte1

Karte2

こちらでは本番前に、こういう風にちょっとしたプレゼントやカードを渡すそうです。主演歌手やクリスたちはお互いにワインや食べ物をプレゼントし合っていました。私はこういう習慣があるのを全く知らず突然だったので、とてもうれしかったです。
『Toi,toi,toi』というのは『うまくやれよ』って祈る気持ちだそうです。本番前にすれ違う人みんなからそう声をかけられました。
日本語だと私は『がんばって』 『元気で』くらいしか思いつかないけれど、ドイツ語にはこういうちょっとした一言(励ましたり別れ際にかけたりする言葉)がいろいろあって、なんかいいなぁと思いました
ちなみにカードの写真の側にくっつけられているのは、〟HARIBO〝という有名なグミ。日本のよりも、歯ごたえがあってまさに噛み切るというかんじ。

最初は休み丸つぶれのこのオケに義務的な感じで乗っていたけど、今となると、とっても貴重な経験をさせてもらえたなーと思っています。学校のオケよりも、ある意味ずっと刺激的で、達成感があります。
きょうお昼に日本で大変お世話になったオーボエの先生に久しぶりにお電話したのですが、とてもお元気そうで、電話を喜んでくださり、さらに『とにかく何かあったらすぐに電話してくればいいから』と心配までしてくださり、電話してよかったなとさわやかな気分になり、パワーももらったところでした。
がんばってたらいいこともあるもんだなぁと、そんな幸せな気分になれた一日でした
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。