スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツへ帰ってきて早速‥

2006/09/20 08:12
だいぶ長いことご無沙汰していましたが、みなさんお元気でしょうか

私のほうはと言うと、無事ドイツに戻ってきてかれこれ1ヶ月になりますが‥いろいろありました。
詳しく書くと長くなるのですが、ざっとあったことを並べると‥
帰独
日独の気温のあまりの違いに体調不良のまま(10℃以上寒かった)
Protokoll(レポート)を発表し(夏休みに泣きながらやったやつ)
オーボエの試験(Zwischenprüfung)をなんとか乗り切り(合格
片頭痛で5日間全く何も出来ず(レッスンも2つキャンセル)
回復したその日にもうひとつProtokollを作成し
ものすごい勢いで舞い込んでくる演奏会の出演依頼に戸惑い
月末の本番に向けて必死に練習中のきょうこのごろ
‥です。

特に、先週突然始まった片頭痛には参りました。
もともと持病ではありますが、こんなにひどかったの記憶にあったかしら? という感じ。
初めの1日は、寝返りを打つ度に吐き、水さえも飲めず(飲むと吐く)、胃液まで吐き、胃に何もなくなってもまだ吐き続ける(とは言っても何も出てきませんでしたが)という有様。
2日目になっても、食べ物は一切口に出来ず、なんとかスポーツドリンクより栄養補給。
3日目になっても吐き気、眩暈が止まらず、当然寝るのみしかできません。
4日目になりようやく食べ物らしい食べ物が食べられましたが、まだ頭痛がするので寝てました。
5日目になりようやっと、眼鏡をかけて物を見ても吐き気がしなくなりました。

そんなわけで、まる5日間寝っぱなしの生活。1日平均起床時間3時間くらいだったか。なにしろ、目をつかうと気持ちが悪くなるので本も読めずテレビも見れず。もうイヤというほど夢を見ました。しかも過去の人生でイヤだったなぁ、できれば忘れたいなぁと思うようなことばかり‥。こりゃ当分、片頭痛恐怖症ですよ。

そうそう、トップのNeu!(=英語のNew)というところに、演奏会出演予定を書きました。
ご覧の通り、2ヶ月で4回本番があります。あまりにたくさんになったので、自分で混乱しないようにここに書きました。
また、5月の忙しかったときと同じ、オケ3つ同時進行だけど、今回は1番を吹くことになったうえ、さらにソロと室内楽の演奏会まであります。

単位に必要な室内楽の本番はともかく、ソロなんてなぜ吹くことになったかというと。
先日の試験を聞いた先生より、後日『音楽的にはいいけれども、テクニックがないわね』とのありがた~いお言葉を頂戴し(それでも試験はかなり上手く言ったんですよ)、テクニックの練習にはもってこいの(つまり私が苦手なタイプの)16分音符の連続のディッタースドルフのコンチェルトを人前で演奏することになりました。
(ちなみに、ディッタースドルフっていうのは、ハイドンと同時代の作曲家で、ハイドンのオーボエコンチェルトとよく似ててやたらごちゃごちゃ動き続けてる曲って言ったらわかってもらえますかね?)

ソロって、ものすご~く緊張する。はっきりいって、嫌い!!!

なんですが、やらねば‥。
しかもね、この曲、1楽章だけでおそらく6,7分はあるのですよ。カデンツァが長いので。
なのに全楽章‥。トータル15分以上あるんじゃ?? さらに木管四重奏のフランセも同じ日に演奏? 死ぬ‥。

というわけで病み上がりのからだにむち打って、練習する毎日でございます。とほほ。
スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。