スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレクサンダーテクニック ~その3,4~

2007/10/27 05:56
お久しぶりです~。
みなさんお元気ですか? とりあえず私は元気です。

演奏会ラッシュで練習に追われているうちに、あっと言う間に1ヶ月が経ってしまい、気づけば私のブログに見知らぬ記事(広告)が!
『誰かの悪戯?!』 と慌てていたら、『上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消せます』 とのこと。放置するとこんなことになってしまうんですね‥。
またこれが表示されないように、気をつけようと思います。

さて、書くことがいろいろありすぎるのですが、とりあえずは、忘れないうちに 『アレクサンダーテクニック』 のレッスンの成果を書いておこうと思います。
きのうのレッスンで5回目で、少しずつこつはつかみつつある感じです!
3回目と4回目の分も(覚えてる範囲で)おさらいしたいと思います。

3,4,5回目のポイント

疲れたら、休む!
指先から肩までの、無駄のない動き
座った時の姿勢
高音の演奏方法
力を抜くところと入れるところ


ですが、あたりまえのようで忘れていたこと。私は目から鱗でした
オーボエの演奏もそうですが、特に顕著だったのがリード作り。
私は、リードを作り出すと、『休む』 ということを全く忘れて、2~3時間くらいぶっ通しで作り続けてしまうことが多いんですね。細かい作業だし、『リードないよ~、どうしよう?!』 といつも必死だし、オーボエの練習ほど疲れないというのもあって、ついつい時間が経つのを忘れてしまうんです。
それで、翌日は必ず、『睡眠不足』 『肩こり』 『目が痛い』 『頭も重い』 というのがいつものパターン。疲れて練習にもあまり集中できません
そこで出た先生のアイデアが、 例えばリードを作り始めて30分後などにタイマーをかけ、『時間がきたら休む』 ということ。これなら 『気づかぬうちに時間が経ち→酷い肩こり』 ということが防げます。

そして休む方法なのですが、マットをひいた床などに、仰向けになります。
手はお腹の上に軽く置き、足はくの字に立て、頭の下には本などをはさみ、からだを楽にします。
マットは私はヨガマットを愛用。床だと固すぎるし、ベットだと柔らかすぎてだめらしいです。家にちょうどいいのがなかったので、わざわざ買いました(これを機に、ヨガでも始めようかと画策中!)。始めはヨガマットでも固くてだめだったのですが、慣れると気持ちいいです。ついつい寝そうになったり‥。

数分後、力が抜けたなと感じたら、起き上がるのですが、このとき、腹筋を使ってまっすぐに起き上がってはいけません。
ごろっと横に転がるようにして、もし左肩を下向きに転がったとしたら右手を床につき、手でからだを支えて起き上がります。
頭から腰までの一直線に伸びた 『長い背中』 の感覚が大事なのです。この背骨が適度に伸び 『背中が長く使える状態』 が重要です。

練習中でも、リード製作中でも、とにかく疲れた、肩が凝ったなどと感じたら、すぐにこれを行います。
そうすることで、結局は、長い時間、練習やリード作りが無理なくできるというわけです。
私はこれで、最近、以前のような 『ものすごい肩こり状態』 はなくなりました。

ところで、これを書く前に、リードを水にふやかしてあり、ちょうどいい時間になったので、続きをつくらなきゃいけません。
というわけで、続きはまた次回。なるべく早いうちに!
スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。