スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロ短調ミサ

2009/12/30 23:26
みなさんこんにちは。いよいよ年の瀬ですね!
前回のドイツ的クリスマスの過ごし方1に続いて2を書く予定だったのですが、もう何日か経ってしまったし、せっかくなので今の話題を書こうかな~と思います。

明日はジルベスターコンサート(大晦日の演奏会。日本語でもジルベスター・コンサートって言うんですかね?)でJ.S.Bachのミサ曲 ロ短調を演奏します。
ものすごく素敵な曲です(Wikipediaの紹介ページ。)

昨日、今日と練習でした。
この曲、全部で1時間40分から2時間くらいかかる超大作。全曲通すのはコンサートが初なので未だに何時間かかるのかわかりません
私は3番オーボエ担当なのですが、全27曲中出番がなんと1曲・楽譜2ページ分だけの出演!
昨日は1時間、今日は2時間半待って、演奏したのたったの5分くらいずつでした。ひたすら待ちのProbe(合わせ練習)でした。
今回初めてTuba奏者や出番の少ない打楽器奏者の気持ちがわかりましたよ。
なるほど、出番になると『よっしゃ、やったるで!』という気持ちになるわけです。
私の出番はたった5,6分しかないので、楽器も体も温まってよしこれから、という頃に終了です。もっと吹きたい~!

でもいいんです。聞いているのも楽しいですから。
今回、とある教会のジルベスターコンサートなのですが、教会所属の合唱はあるけれど専属オケはないので、オケは皆エキストラです。
でも、このエキストラ、なんと私以外全員、州立劇場の演奏者の方々(要するにプロのオケマンたち)なのです。
今までもプロの方たちと演奏してきましたが、今回のメンバーはたぶん今までの中で一番レベルが高そうです。
コンマス・フルート・オーボエ・ファゴットなど、ずらっと州立劇場首席の方々がそろっていて、これだけで壮観。
みなさん本当に上手で、聞いてるだけでものすごく勉強になるし楽しいです。
うま~い! 聞き惚れる~!
ってひとりちょっとした興奮状態
練習始まるまで、うわ~どうしよおぉ~!
こんな上手い人たちのところに私ひとり混じって大丈夫だろうか?!
と小心者のメイプル内心かなりドキドキでしたが、始まってみると何の問題もなく大丈夫でした
弦楽器のエキストラと違って、管楽器はたとえ3番オーボエであっても全くのソロ。私以外にこの音を吹いている人はいないので責任重大です。
でも彼らと演奏すると、よく聞いて合わせるだけでしっかり溶け込んでくれます。
必要以上にあれこれ考えたり何かしたりしなくても、自然とひっぱられて私の演奏までいい感じになるから不思議です。

そしてさらにうれしいのが、みなさんがすごくフレンドリーなこと!
1番オーボエは私の先生なのは知っていましたが、2番オーボエも1番ファゴットも1番フルートもみなさんいつも私が演奏会を聞きに行ったときに演奏していた憧れの方々なのに、すごく気さくなのです。
自己紹介も名字でなく名前だし、私がSie(敬称)で話していたらDu(親称)でいいよとのこと。
日本語と違ってドイツ語はSieで話すかDuで話すかによってかなり関係が変わってきます。心理的な距離が全く違う感じ。
Duで話すってことは、タメ語ですよ。友達と一緒です。
えぇ~!いいんだろうか~?!と思いましたが、そう言ってくれるのにSieで話す方が逆に失礼に当たるので慎重にDuで話しました。
うわ~緊張する。。。。
一方的に長年知っててファンみたいな感じだったので、すごく不思議。
両隣の2番オーボエと1番ファゴットのふたりには『あのソロ、すごくよかったです』『あなたの音すごく好きなんです』なんて密かにファン告白してみたり。。。。
じつは初め緊張でかなり硬直気味だったのですが、Probeの合間にちょこちょこ話しかけてくれるので緊張がほぐれ、ちゃんといつもどおりに吹けました。
みなさんわかっててやってくれてるんだろうなぁ。優しいなぁ。
そんなわけで、待ち時間も全く退屈しないし、聞いてるだけでわくわくするし、演奏してて幸せです。
明日が本当に楽しみ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。