スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと毒吐きます

2007/02/14 07:51
最近オケやら、室内楽やらのProbe(合わせ練習)が多くて、疲れとイライラもピーク。
合わせをやるのはいいんですが、全然合ってないのに気づいてないのか聞いてないのか、気にしてない人が多すぎます。それに、練習せずにProbeに来て、さらに曲も知らないから見当違いなことばっかり吹いてる人がいて、それってどうなのよ と。そんな人と合わせても時間の無駄。。。。
といきなり毒づいてしまいましたが、あまり人のことを気にしても仕方がないので、自分のできること(=練習)に集中しないと。

また本番が増えました。バッハのカンタータ。
ここのところ、12月から短期間でバッハが続いて、これで4回目。バッハ大好きなのですごく楽しみなのですが、編成がソプラノ(ソロ)とオーボエとピアノ伴奏だけなので、オケよりもかなりシビアです。しかも3月には、同じ曲で彼女の試験があるので、責任重大。
でも、こっちは逆にやっただけ報われるというか、自分ががんばればがんばっただけ成果が出るので、やりがいがあるってもんです。

この週末のリード三昧で、人生初のイングリッシュホルンリードはなんとかそれらしきものができました。
今回のリードの材料は、とあるリード専門店(こういうお店はドイツにたくさんあるのです)に電話して、かまぼこ型リードの形になる前のまさしくかまぼこ状の形の材料です)を買いました。
いつもオーボエ用の材料は、先生から売って頂いているので、ドイツで材を買ったのはじつは初めてだったのですが、店員さんに 『とってもいいイングリッシュホルン用の材料があります』 とすすめられるままに買ったのが、本当に当たりでした。2本最後まで作ってどちらも吹けそうなのができたのがうれしいです。
オーボエ用のリードなら山ほど作ったので、『どこを削ればどうなるのか』 ある程度わかるようになりましたが、イングリッシュホルンはサイズが全然違う(大きい)ので、基本は同じといえど、やっぱり不安。でもとりあえず2本とも良さそうなので、この調子で削ればいいと分かりひと安心。

でも、低音が出づらいと思っていたら、なんとタンポ(穴をふさいでる部分)がとれているではありませんか!
これがオーボエだったら大騒ぎなのに、なぜかイングリッシュホルンだとあまり驚かない自分に驚きです。楽器が大きいからって、別に雑ってわけではないけど、それでも音が出てしまうのは、やっぱりオーボエほど繊細じゃないのでしょう(オーボエだったら、タンポなんて取れた日には、てきめん音が出なくなるのですよ)。

でもこれで、楽器屋さんに修理してもらわなくてはならなくなってしまいました。これは先生がTheaterから借りてきてくださった楽器なのですが、借りたときから壊れてるって‥私のせいじゃないのになぁ。修理代もかかるしなぁ。タイミングが悪かったとしか。

まぁいろいろとありますよね。焦らず腐らずやらねば。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

メイプルさんの記事はいつも勉強になります。
オーボエ歴3年弱(といってもレベルは初心者)の私には発見させられることばかりです。
ところでイングリッシュホルンはタンポがとれても音が出るのですね。
この傾向、弦楽器にも当てはまります。
ヴァイオリンはミリ単位で随分音や弾きやすさが違ってくるものですが、コントラバスは少々ことでは音がでなくなることはありません。
繊細なオーボエも大雑把なコントラバスも大好きです。



お疲れ様ぁ~

たまには不満もぶちまけちゃいましょぉ~ww
練習もリード作りも大変そぉ~!!
サクラも仕事がなかなか片付かなくてイライラすることもあるケド、なんとか頑張るよ!!
お互いやることはやった!!って思える人生を送りたいですね♪
マジでいつか演奏聴いてみたいよぉ~!!!



かめきちさん

今回はたまたまで、もっといろんな音に影響があるタンポがとれてたら、イングリッシュホルンでも音が出なかったかもしれません。でも、多かれ少なかれ、オーボエよりは大雑把ですね。
そしてこれが弦楽器でもあてはまるんですね。なるほど言われてみればそのとおりですね。
かめきちさんは全くタイプの違う2つの楽器をやってるのですごいなぁと思います。私は別の楽器に対しても、どちらかというとやはり旋律楽器に惹かれるので、かめきちさんがどういうきっかけで両方の楽器をやっているのかとても興味深いです!



サクラさん

不満ぶちまけてしまいましたが、そう言ってもらえるとほっとします。ありがとう☆
そういえば働いてた時も、散々思うようにいかなくてイライラしたなぁって思い出しました。
『やることはやった』っていうの、すごく大事ですよね。私もなんとかがんばらねば!
演奏聞いてもらえる機会があるといいんですけど。日本に帰って演奏することがあったらお知らせしますね♪



是非是非☆

日本で演奏するときには連絡くださいね!!
絶対ですよぉ~(≧▽≦)♪♪♪

『やることはやった』…は、なかなか難しいけどねww



サクラさん

そう言ってもらえるとすごくうれしいです!
演奏聞いて『なんだこんなもんか』って思われないようにがんばらないとー(~_~;)



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。