スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠いです‥

2007/07/24 08:02
『Ich bin müde. (私は疲れている。

が口癖になっている最近‥。エネルギーが足りないですね!!
月曜からこれじゃあいけませんね。語学学校の集中通い(=午前・午後の両方)は今週いっぱいなので、なんとかのりきらないと。
でも今週が終わったら、夏休みが半分終わりかぁ。後半は、レポート2つ(まだ何も始めていない)と、練習(ペースアップ!)が待ってます。あれ、夏休みはどこへ?!
結局、私の人生って、いつもこんな感じなんですよ。ユミットにも 『自分で忙しくしてる』 って言われたし。
『わかっちゃいるけど、やめられない~ こんな私です。

そうそう、何が言いたかったかって、ドイツ語の müde って単語は

疲れている、眠い

どっちも意味するんですよ。
だから、上の言い回しで、(私は眠い。) とも言えるんですね。

逆を言えば、『眠い』 と 『疲れてる』 の言い分けができないんですよね。
(たぶん。もし、ちがう!という意見がありましたら教えてください。)
きっとドイツ人は、眠いも疲れているも、同じように感じるのかな? なんて勝手に思ってるけど、どうなんでしょう?

似たような例は、Seetang この1つの単語で

海草、海苔、昆布....

などなど、海草全般をあらわすことが出来るんですね~。ワカメも海苔も一緒だなんて!
ドイツ人は、海草類を食べる習慣がないですからね。でも、とろろ昆布とか、一体全体何て説明したら通じるだろう?

この単語で困るのは、青菜ごはんおにぎりなんかを説明する時。
私、よく昼食に、おにぎり持参して食べてるんで、いろんな人に、『その中身は何?』 って聞かれるんですよ。
でも、せいぜい、『いろんな種類のSeetang 程度しか答えられなくて、ホントはもっと違うのにって思う。

『Ich berichtete euch über die Unterschiede der Wörter zwischen Japanisch und Deutsch.』

(私はあなたたちに、日本語とドイツ語の単語の違いを伝えた。

さて、寝ます
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。