スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽曲分析とか

2007/08/10 08:55
Ich war niedergeschlagen, weil die Blätter von dem Baum gegenüber meinem Haus herbstlich rot geworden waren.

(私は、家の向かいの木の葉が紅葉していたので、がっかりした。

niedergeschlagen = がっかりした、意気消沈した、打ちひしがれた
gegenüber + Dativ(3格) = ~の向かいの
herbstlich rot werden = 紅葉する

うちの前の木は、なんともう紅葉が始まってしまったんですよ。
それを見てもう本当にがっかり。
昨日友達とも話していたんですが、もう8月も半ばだし、今後も夏は来ないのではないかと。
気づけば日も短くなっていて、最長夜の22時半くらいまで明るかったのが、今日はもう21時半くらいで真っ暗でした。

もしかして今年は、夏の掛け布団を使わなくて済むかも。。。
それに今年は、夏中ドイツに居ることが早くに確定していたため、クーラーのない部屋+窓締め切ってのオーボエ練習は暑さとの戦いだと思いはりきって扇風機を買ったんですよ。縦型の、タイマー付きの、けっこう立派なのを。
でもそれもたぶんもうお役御免。3回位しか回した記憶がありません。とほほ。

ところで、今日から語学学校は一休みして、レポートを書いています。

Werkanalyse(楽曲分析):メンデルスゾーン 『交響曲第3番・スコットランド』
  夏休み明けの授業で、口頭発表

Seminar Musikgeschichte(音楽史ゼミ):マーラー 『大地の歌』
  提出形式のレポート、ただし10枚くらい

とりあえずは期限の迫っているWerkanalyseから。
口頭発表なのでドイツ語がかなり心配ですが(ちゃんと説明できるのかとか、先生から質問されたことにすぐ答えられるのかとか‥)、まぁ心配していても仕方がないので、事前に調べられるだけ調べてまとめておきたいと思います。

夏休みを機に〟一日一言ドイツ語〝を始めましたが、やることもすごくたくさんあってなかなか毎日更新は難しいので、今後は少し間が開くかもしれません。なので今後は〟毎回一言〝になると思いますが、よろしくお付き合いくださいね。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。