スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSLとの闘い

2007/08/23 09:02
つい先程まで、家の電話&インターネットが不通になっていました。

じつは前回の更新後、土曜日から2週間弱、突然不通になったのです。
ほんっっっとうに困りました!!!

我が家のインターネットがアナログ回線なのは、何かのときに書いたかと思います。
ドイツに住んでいると、日本のAOLのアナログプランを使って、格安(学生なら1000円)でネットし放題(電話料金も余分にかからない)という裏技があり、それにTelecom(日本で言うNTTのような会社)の電話契約だと、日本に格安にかけることができる(1分3円程度)様々な電話番号が使えるので、今までいろいろな不便はありつつも、安さと手軽さ(契約等の面倒がないと言う意味で)アナログでインターネットしてきました。

でも、最近、ドイツの電話会社も競合が激しく、かなり安いプランが続々出てきており、その中でO2という電話会社(私はここの携帯を愛用中)の、家電話から(一部を除きほとんど)話し放題+DSL(日本でいうADSL)し放題のプランが、今まで払ってきた料金+1000円程度しか変わらないこともあり、いろいろ悩んだあげく、ついに我が家もDSLを導入しようと決意したのが約1ヶ月前。

それから、旧・新電話会社同士の手続き期間(1ヶ月)を経て、先週の月曜からめでたくDSLとなるはずだったのですが、、、はずだったのですが、、、、、、
やっぱりここはドイツでした!!!

予告どおり予定日に前の会社(Telecom)の契約が切れ
 →当然、電話もインターネットもできなくなる

しかし、新しい回線は不通
 →本来、まったく空白期間なく、新しいDSL回線は導入される予定だった

数度電話でO2に催促するも、回線の工事進まず
 →第一、電話で、見知らぬ人と、日本語でも良くわからないような状況を、ドイツ語で話す のって、すごい骨が折れるんですよ。
 しかも自分の意見をここぞとばかりに主張しなきゃならないし。私は悪くないんだから、文句のひとつでも言ってやりたいのに、状況がしっかりと理解できないために、いまいちパンチにかける自分の発言にへこむ
 →てっきり新会社・O2の工事かと思いきや、旧会社・Telecomの工事範囲らしい
 →金曜日(しかも朝)にO2に電話すると 『もう週末だからTelecomは働かないし、今週末は無理でしょう』 などと言われ、腹が立つ。週末無理なのは仕方ないとしても、電話したの金曜の朝だし、月曜も音沙汰ないって、どういうこと?!
 最近Telecomはストライキなんかしょっちゅう起こるし、今にもつぶれそうらしいけど、ちゃんと働いてよっ!

今週月曜から、大事なメールのやりとりのため、図書館通いが始まり
 →ちなみに今週から再び学校が始まっていて、練習がすすまず、イライラ最高潮

やっと水曜に回線が繋がるも、今度はインストールすべきプログラムとパソコンの相性が悪く、インターネットは見れず
 →すでに予定日より10日も経っている

O2ショップに重いパソコンをわざわざ持参するも、『まちがってインストールしたんじゃないか』 と全く身に覚えのないことを言われ
 →いくらドイツ語苦手でも、説明書はきちんと隅から隅まで読んで、順番どおり書かれたとおりに実行したし、『インストール&再起動後、そのプログラムが再び開けない&アンインストールもできない』 なんて状況、普通は起きないでしょ!

そして、やっと、
つい先程、(通常は無線LANのところ)なんとか有線LANで、インターネット復旧

という、非常に長い道のりでした。契約の前後から考えると、約1ヶ月半か。
それにしても、普通のことが普通にできないって、すごいストレス!!!
やっぱりここはドイツだよ。

今のケーブルは短いため、不便な位置からしかネットができず、体勢がとてもつらいのですが、とりあえずは電話&ネットが再開通したので、よしとします。
やっぱり、アナログ→DSL(4Mだけど)への速度の進歩は大きいです。
これで、フィギュアの映像もYoutubeで見られるし(やっと!)。

またぼちぼち、時間のあるときにケーブル問題を解消せねば。
まずは、まだ終わってないレポートをなんとかします。これが終わらないと練習もままならない。

また 不要な闘い に体力を使ってしまった。ふう。。。。。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。