スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戴冠ミサ』と体内時計

2009/11/30 06:53
演奏会は無事終わりました~。
やはりStaatstheaterの方たちの演奏は安定感バツグンで、直前のみの練習、教会のアマチュア合唱団との演奏でも、ものともせず落ち着いて演奏してらっしゃいました。
やはり上手い人たちとの演奏は楽しいです。
1番オーボエのクリストファーも、すごく頼りになるので、安心して吹けました。
今回、木管はオーボエ2本だけの編成で、目立ちまくりだったのですが、音楽表現や音程などもかなり合っていたと思います(なにせ同門なのでやりやすい!)。

それにしても緊張で疲れたかも。
結局、楽譜は木曜の夜にもらったのですが、その日はコンサートを聴きに行っていたのでその後練習できず、金曜も室内楽のレッスンとその前の合わせで3時間以上吹いていたため、あまり長くは練習できず、殆ど前日の土曜に練習する破目になってしまいました。
土曜こそ『きょうは一日練習するぞ~』と思っていたところ、午前中に突然、クリストファーから電話がかかってきて
『当日GPで、すぐ本番はなんだから、今日Probe(合わせ練習)しない?』というもので、『‥まだ楽譜見終わってないんだけど』とは言ってみたものの、ぶっつけ本番よりはましだと思い、急遽Probeへ。
初見のところもありましたが、合わせるうちに曲が大体わかり、合うようになったので、やって本当によかったです。

本番は朝10時のGottesdienst(教会の礼拝)で、直前の9時にGP(通し1回のみ)というぎりぎりスケジュールでした。
朝6時半に起きたため、コンディション調整(ちゃんと朝起きられるか&うまく音だし出来るか)と一回しかない練習&さらにプロの方々の中での演奏で緊張はピークでした。
本番の前に精神的に疲てしまったかも‥、ちょっと悔しいです。
無難には吹けたものの、もうちょっとアグレッシブにできたらよかったな~と思ってます。
緊張の中でも、練習不足の中でも、自分の出せることを100%出しきる、それはまだまだだな~と思いました。
これは場数を踏むしかないかもしれません。

ところで、話は変わって、タイトルの体内時計
というのも、ドイツに戻ってからの私の睡眠はちょっとおかしなことになっていて、かなり朝型なのです!!
朝5時とか6時に起きるのはざらで、酷いときには3時半とかに目が覚めます‥!
夜はいたって普通に12時とか1時とかに寝てるにも関わらず、です。
平均睡眠時間4~5時間なんです。もう3ヶ月も。
3ヶ月の間に、8時間以上寝れた日は5回しかありません(あまりに少ないので覚えてしまいました)。
からだの調子も悪くないので、特に病気とかではないと思うのですが、いつも疲れてる感じなので、もうちょっと寝たいのが本音です。
じつはきょうは、本番後で疲れていて、夜10時に寝てしまったのですが、なんと午前1時に目が覚めてしまいました。そのあと布団でかなり粘りましたが、もうそれ以上寝られませんでした。
なので、仕方なく起きて、前々から疑問だった体内時計について調べてみることに。
すると、ありました!
体内時計のタイプ診断が。
診断は至って簡単で、いくつかの質問に答え、点数を合計していくだけのもの。
結果は

超朝型
朝型
普通型
夜型
超夜型

の5種類です。

他人様のブログを転載するのは問題なのでリンクは貼りませんが、簡単にヒットすると思いますのでみなさんもぜひやってみてください。
『体内時計 タイプ』などで見つかるするはずです)

私は 超朝型 でした!
予想通りと言えば予想通りでしたが、『超』までつくとは‥!

人間の体内時計は、25時間でひとサイクルだそうで、そのため一日24時間の普通の時計と合わず、狂いが生じるとのこと。
問題だと感じる人の多くの人は『夜型』だと思われますが、彼らは体内時計の周期が25時間よりも長いそう。そのため
夜寝られず→寝る時間が遅くなり→さらに起きる時間が遅くなる
という悪循環に陥りやすいそうです。
(ちなみに超朝型の私は、体内時計の一周期が23時間くらいらしい‥)

で、狂った体内時計をどうリセットするか?
いちばん良いのは、太陽の光を浴びること。
起きてから2時間以内に、太陽の光を浴びる必要があるそうです。
ドイツだと、これが難しいんですよね‥。
ここ最近、ほとんど毎日雨または曇りばかりで太陽の光を見てないです。
私の体内時計が狂いっぱなしなのはドイツの天気のせい‥かもしれません。

もっと影響が多いのは、多すぎる本番&Probeのせいかも。
3ヶ月で9回本番、というのは、過去最高のハイペースでした。
それ以外にも室内楽3グループあったし。
必然的に、リラックスできる時間が少ないんですよね。
それは仕方ないとしても。

演奏家の職業病でもあるかもしれません。
規則正しく生活できないこと。
きょうは朝9時にすでにトップコンディションである必要があったけど、大抵は夜19時とか20時本番です(以前、23時すぎに演奏が始まったこともありました)。
そうなると、最大14時間の差がありますからね。
本当に体力勝負だと感じます。
私の場合、『どこでも』『すぐに』寝られるので、それは全然困ってはいないのですが、何にせよ睡眠時間が足りないです。もっと寝たい。
体内時計&快眠法については、要研究です。
なにか良い情報や経験談をお持ちの方、どんなに些細なことでも構いませんので、ぜひコメントをお待ちしてます!
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

本番、お疲れさま。
超朝型は大変だ。私は睡眠で困った事はあんまりないなあ。
でも、ちゃんとした時間を守らないと頭痛になるので、そこんとこは
気をつけてますが。

以前、テレビで睡眠障害(それは夜寝れない人のお話でしたけど)の特集を
やってた時、朝ご飯をちゃんと食べて血糖値をあげるといい、という話があったよ。
あと、太陽の光じゃなくても人工の光をサンサンと浴びれば大丈夫な筈。
まあとにかく、リラックスできるといいけどね。無理はだめよ!




とっこさん

有益な情報をありがとう!
朝ごはんかぁ。
そういえば、よく昼と一緒になってるかも。
じつは今も‥。
いま漢方を一日2回飲んでるので(食前30分、食後1時間以内は服用不可)、それとの兼ね合いがなかなか難しいのです。
それに加え、食後は練習できない(息が入らない)、あまり家に居ない‥で食事の時間はかなり乱れがち。
どうしても練習中心の生活をしてしまうので。
でも、健康第一だもんね。
なんとか朝食をうまいこと食べられるスケジュールを考えてみます。
ご忠告もありがとう!
無理はしてないハズ。



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。