スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトル

2009/12/21 05:48
みなさん、こんにちは。風邪などひかれてませんか?
学校はこの週末から冬休みに入りました
というわけで、部屋の模様替えやメールアドレス変更のお知らせやブログの更新などをちょこちょこやっていこうかと目論み中。
メールアドレス変更の連絡がかなり厄介。量が多すぎる~
まだお知らせが来ていない皆様、どうか気長にお待ちを。
ブログは、このブログ&私についてのプロフィールを書き加えて、初めてきてくださる方にもわかりやすいようにしようと思っています。

第一弾、きょうはこのブログのタイトルについて。
いままで、『ドイツ語なので意味が解らない』との声をたまに聞きましたので、一応解説しておこうかと思いまして。
このタイトルは、ドイツ語の格言のひとつです。

Der Mondschein schein schon schön.

Der Mondschein 月光。そう、あのベートーベンのピアノソナタの通称でもあります。
scheinはscheinen 輝く、照る、光がさし込むの過去形。
schon もう。すでに。‥だけですでに。
schön はおなじみ、美しい綺麗、素敵、素晴らしいなどなどかなり幅広い意味を持つ形容詞。

つまり、

その月光はただそれだけですでに美しく光輝いていた。

こんな感じです。
すべての人、生き物、モノにあてはまると思うんですよね。
誰がどう評価しようとも、その人、生き物、モノはただそこに存在するだけで価値がある。
ちょっと良いでしょ

あと、語呂が良かったというのもあります。
カタカナにすると
『デア・モントシャイン・シーン・ショーン・シューン』
が近いです。
以上、簡単ドイツ語講座でした

さらにテンプレートを?年振りに変えてみましたが、タイトルにぴったりな感じなったかな
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。