スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬休みの難関

2005/12/15 07:34
来週の水曜日から冬休みに入るのですが、その間の課題。

1.週1のオーボエレッスン
2.Musikgesichte(音楽史)のProtokoll(レポート)
3.Instrumentenkunde(楽器学)のProtokoll
4.その他の授業の復習
 Hörerziehung(聴音)、Tonsatz(和声学)、Formenlehre(楽式論)
5.ドイツ語の勉強


1のレッスンについては、あらかじめ聞いていたので覚悟はできています しかし問題は2~4。

2の音楽史は、1Semester(ゼメスター=学期)のうちにひとり1回必ずProkotoll発表をしないと単位がもらえないんです。で、当初、Semesterのいちばん最後の方にやろうかと考えていました。次の授業で前回の授業について発表するという形式なので、与えられる期間は1週間のみ。
この授業は90分、先生がひたすらしゃべりまくり(話し言葉でない上ものすごい早口)、しかも板書はいっさいなしなので、1回当たりものすごい量になり、とても1週間じゃやりきれない&Semesterの終わりになると時代が現代になってきて予備知識が全くない作曲家についてやるのはますますつらい!ということで、思い切って今日手を上げてきました 3ヶ月後にドイツ語ぺらぺらになっているとも思えないし。
そして授業終了後の感想‥いちおうMDに録音はしたんですけどね。ちゃんと撮れてるから良かったんですけどね(きょうに限って録音失敗しやしないかものすごく心配だった)。しかし、ノートはカタカナの嵐。文章になってません。単語のみ。 あ~。がんばります。。。。

3の楽器学は自分の楽器(オーボエ)について、他の学生の前でレポート発表し、かつ演奏もするというもの。これは、ネットや本からドイツ語の文章をひっぱってくるしかない。

4その他の授業。いまやっている基礎中の基礎が理解できないと、この先応用になるとますます理解できないでしょう。さらに、来ゼメにHörerziehungとTonsatzはZwischenprüfung(中間試験)があります。退学にはなりたくない!

5ドイツ語は言わずもがな。

果たして、どこまでできるでしょうか?!


話変わって、明日、あさってはレッスン続きです。
明日は、ピアノとオーボエ(その1)
あさっては、オーボエ(その2)

明日のオーボエ(1)はリードとオケスタ、あさってのオーボエ(2)はその他の曲ということらしいです。

今月から、リーという中国人(先ゼメ卒業し帰国していたが、わけあってまた戻ってきた)もレッスンに加わり、わがクラスは2人になりました。彼は、来春の入試を(卒業したのとは別のコースで)受けるので、その前の準備らしいです。
2人だから、レッスン受けている時間は実質変わらないんですが、週に2回って精神的に大変。
先週15曲さらわなくちゃならなくて合宿までしてなんとかこなしたのに、今週は16曲になってます
まだまだ全然さらい終わってません。間に合うんでしょうか
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

ハードな日々を過ごされているんですねぇー。
その調子だと冬休み(3週間ぐらいでしょうか?)もひらすら勉強漬けみたいになりそうですね。
しかし90分間の聞き取り→文章化は相当骨が折れそうですね。
まさにDikatatの実践版で、それで十分ドイツ語の勉強になっているんじゃないんですか。単位がかかっているから、手を抜けませんしね。
体と相談しながら頑張ってくださいね♪

さて、僕の場合はいつから冬休みがもらえるんだろう??



Jassiさん、こんばんは。
お返事が遅くなってごめんなさい。なんとか今日レッスン3つ切り抜けました~v-411
冬休みは2週間半なんですが、勉強漬けまちがいなしですv-406
Protokollでドイツ語の勉強になりますかね?! 完成したときに少しでもドイツ語が上達していることを楽しみにがんばります(ちなみにまだ手をつけていませんが‥)。

Jassiさんの職場のお休みはまだ決まってないんですか?
でもクリスマスには確実に休みに入りますよね?



とりあえずお疲れ様です!
でも冬休みは勉強漬けですか・・・大変そうですねぇー。
個人的には人から与えられた課題をするのってすごーく嫌いだから、
大学生活に戻ってみようかな?なんていう気はさらさらないですけどね。
うちの職場は個人事務所のようなものだし、Praktikantという立場だから、申し出れば休みは(自由に?)とれると思うんですけどね。まだどうしようか考え中です。
メイプルさんは勉強一色なんですか?



私も宿題とか大っ嫌いですよ。日本での学生時代は、夏休みなどいつも最後の8月31日(というより9月1日の朝?!)まで追われてましたv-355 受験とか絶対にやらねばならない時にはそれなりにがんばりましたが、そうでないときに自主的にいろいろ勉強しようと思うのは、今が初めてかもしれないです(でも直前まで慌ててるのは今でも変わりはないですけどねv-356

そうですか、Praktikantは割と自由な立場なんですね。
好きに決められるとなると、逆に悩むかも。休みが決まってるからそれまでがんばれるわけで。
Jassiさんはドイツに来てから、趣味の海外旅行にはあまり行かれないんですか?

私は勉強もがんばりますが、適度に休むつもりです。レッスンがあるので何日も出かけたり、遠くに行くお金もないので、地元(Kassel)でぼちぼちとv-106 ドイツに来てから、自分の街でさえ、まだまともに観てないんです。今までは、休むまもなくハイ次、ハイ次、という感じでしたのでv-29



メイプルさんは「えいやっ!」という追い込み型なんですかー。
ちょっと意外ですね。
まあ僕も何事も地道にというのが一番苦手なんですけどね v-15
ドイツに来てからほとんど海外旅行してないし、国内旅行もそんなにしてないですねぇー。あんまり無駄遣いしたらいけないなと思うと、なかなかね。一度イタリアのフィレンツェに行ったぐらいでしょうか。ストラスブールぐらいは一度行きたいとずっと思っているんですけどね。

メイプルさんはKasselに住んでみえるんですね。
フライブルクからは離れているんで(というかフライブルグがドイツの端っこなんですが)、ちょっと行ってみようかという感じでは行けないですね。残念。








よく人から、こつこつしてそうとか言われるんですが、全くもって追い込み型ですv-355 どうしてそう思われるのか不思議。

そうですかー最近はあまり旅行に行かれないんですね。残念ですね。たしかにお金はかかりますもんね。
ストラスブールって初めて聞く名前なので(ドイツに住んでるのに全然ヨーロッパの地理には詳しくないんですv-356)ちょっと調べてみたら、とても雰囲気のある街みたいですね。フランスだけど、フライブルクからは近そうですね。

というより、フライブルクって本当に端にあるんですね。今、地図見て知りました!
先日卒業したフルートの先輩は、フライブルク在住なんですよ。掛け持ちで通っているもう1つの学校がそこにあるらしく。先輩が通って来ていたので、もっと近いのかと勝手に思ってました‥。

カッセルはあんまり見所が多くないと思うんですが(住むには丁度いいくらいなんですけど)、もしもこちら方面に来られることがあれば教えてくださいねv-266



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。