スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大家との闘争~ストレスMAX編~

2006/01/20 19:16
最近ストレスがものすご~く溜まっています。
理由は簡単。
大家さんと家賃支払いのことで揉めているからです。

(愚痴ばっかりですので、読みたい方のみ続きをどうぞ‥)
というのは、私はこの家に昨年の10月から、もう4ヶ月近く住んでいるというのに、まだ契約書をもらっていないんです。
だから、家賃の支払先の口座番号がわからない。
その結果、やむを得ず家賃を1ヶ月半くらい滞納してしまったのです。

もちろん、入居当初、何十回も電話かけたりして支払い方法を聞いたのですが、いつも『また来週。いま契約書の紙がないから』等々はぐらかされていました。このときは、家の中のいろいろなところが故障しており、生活できない状態でしたので、修理依頼も含めて電話をしていました。で、彼はいつも約束どおり時間には現れず、電話をして『すぐ行く』と行っても何時間も来ず、何日も約束を反故にされたりして、私は大変時間を無駄にし困ったものです。

話はもどりますが、この催促をしていた月(10月)の電話代の請求が来てびっくり。やたら高額だと思ったら、なんと大家さんだけのために、34回電話し、7ユーロ(約1000円)以上払っていたのです。
このときには、部屋の修理は大体(日常生活に支障ないくらいに)済んでいましたから、家賃については私も自分が困るわけじゃないしこっちから何回も聞くのはバカバカしいと思って、問い合わせるのを止めました。
そして、10月の家賃はカギの受け取り時に払ってあったので良かったのですが、11月以降払えず、大家さんから何の連絡もなく、私も学校二つかけもちでものすごく忙しく、そのまま日がすぎてゆきました。

12月の下旬のある日、たまたま大家さんと家の下で出くわしたので、その時仕方なく現金で11、12月分を支払ったのですが、大家さん、ものすごーく怒り狂っていて、事務所で大声で怒鳴られました。
『家賃を払っていなければ住めないんだ』等々全く不条理なことをまくし立てられました。私はひとりでドイツ語もまだうまく話せず、彼は大柄で力もあり、事務所の中2人きりだったので、大変恐怖を感じました。そしてその時初めて、大家さん(雇われで、貸主ではないらしい)も、貸主の口座番号を知らないとか、私のために支払いがストップしていた等知りました。ですが、そんなこと私の知ったことじゃありません。なぜ私が怒られないといけないのか。
『私は過去にもう30回以上電話したんです。なぜ、始めに(口座番号を知らない等)説明をしてくれなかったのか』と聞きましたが、『電話がたくさんあって、壊れていた』等々わけのわからない言い訳ばかり。そして絶対に謝らない。
その場で、今回は現金で払ったが1月からは口座に振り込みたい、だから口座番号と契約書をください、と約束したのでした。そして、口座番号がわかり次第、私のところに連絡する、と彼の口から行ってもらったのです。

ところが、今月になってからいつ彼が来るかとおびえながら待っていたわけですが、全く音沙汰なし。
また、支払う意思がないと勘違いされて怒鳴られては、大変迷惑なので、数日前にまた偶然彼に会ったとき(学校へ行く途中だった)、『早く支払いたいんです。口座場号をください』と再度訴え、昨日の10時に会うことを約束しました。
ところが、この日も大家さんは現れず、仕方なく電話すると『家の屋根が壊れて、いま近くにいない。これはすごく大事なことなんだ』等々また言い訳をし『ならなぜ、それを知らせてくれないのか』と聞くも、私の話なんてまるで聞いていなくて、自分の言いたいことだけ言いました。あー腹立たしい。
しぶしぶ今日の9時にまた約束をし、また事務所の前で待っていましたが、案の定、やはりまた来ません。当然、何の連絡もなしに。もう、ストレス最高潮です。

あー今日も解決しなかった。きのうも大変ストレスで、たまたまお会いする約束をしていたCさん(バイトをさせていただいている女の子のお母さん)に相談に乗ってもらったのです。もし今日も大家さんに会えなかったら、連絡して来ていいよ、と大変心強いことをおっしゃってくださったので、いまから電話してみます。本当は、このことで他の人に迷惑かけたくなかったのですが、もう1人では解決できそうにないので‥。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

大家さんとの一件や、彼氏さんが日本に戻ったりで、精神的にかなり凹んでらっしゃるようですね。行間からもその苛立ちをなんとなく感じます。
とりあえずCさんに相談することで、事態が好転するといいですね。
住むところがちゃんと安心できるって、特に海外ではすごーく重要なことですから、人に頼ってでも何をしてでも早く解決した方がいいでしょうし。
僕のほうも"メイプルさんの忠告どおり"ちゃんと自炊して、体調回復に努めます!



Jassiさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます!
友人に話を聞くと、こういう住居のトラブルって意外と多いみたいです。私だけじゃないんだって思えたので、問題はまだ解決していませんが少し楽になりました。他人に頼るのは私、苦手なんですが、Jassiさんがおっしゃるように、ここは早く解決した方が良さそうですね。幸い、Cさん&旦那さんはとっても優しく頼りになるので、なんとか良い方向に行くのではと思っています。

凹んでいるのかもしれないんですが、なんか『燃え尽き症候群』みたいなんです。すごくプレッシャーのかかっていたProtokollがやっと終わったのと、レッスンがしばらくないことで。あと、1人だと食事もどうでもいいやって手抜きになりがちで(Jassiさんのこと心配しておきながらナンですが)。いかんいかん(^_^;)



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。