スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まりました!トリノオリンピック!

2006/02/11 10:59
ブログ開設から3ヶ月弱ですが訪問者が1000人になりました! いつも見てくださるみなさん、ありがとうございます。

さてさて、いよいよ待ちに待ったトリノオリンピックが始まりました。
きょうから約2週間、毎日テレビにかじりつくことでしょう。

テレビ持ってないんじゃないの?? →突っ込んだ方はスルドイ。そう、私はテレビ持ってません。
が、じつはなんと、期間限定でテレビをゲットしたのです!!!
と言っても本物のテレビではなく、パソコンの画面を通して見るテレビ。テレビカードというものをパソコンに差して設定をすれば、普通のテレビとほとんど変わらずテレビ番組が楽しめるというもの

これまで、大のスポーツ観戦好きの私は、テレビがないことをかな~り悲しんでいました
渡独以来約半年、インターネットニュースの文章のみで耐えるのがつらかった(写真ニュースも、アナログ回線だと時間がかかりすぎて厳しい)。普段は結局家にあまり居ないので仕方ないなーとあきらめていましたが(といいつつ未練がましく毎夜、かかさずニュースだけはチェックしていた)、オリンピックだけは何が何でも見たい!そう思って、テレビ購入計画も立てたりしてみましたが、やはり高くて手が出ず
そんなことを話したところ、同じ街在住の日本人友達がテレビカードを貸してくれたのです! なんて親切!! 感謝感激!!!

そんなわけで、きょうの開幕式からしっかり時間をチェックして、レッスンから帰ってきたら即行でご飯を作り、パソコンをONにし、出来上がったご飯をパソコンの横に運んで準備万端!
ま、開会式は競技じゃないから見なくても‥と思ったのですが、せっかく今だけ見れるし、気分だけでも盛り上げていこう、ということで

開会式、正直そこまで期待していませんでした。
が、すごかった! 見てよかった!!

(長~くなってしまったので、時間のある方のみ続きをどうぞ)
まずカウントダウンとともに幕開け
スケーターやシンクロっぽい足の踊り(妙に気持ち悪いようなおもしろいような)、生のオーケストラ(他人事なんですけど、楽器が壊れやしないか非常に心配でした。だって外で、夜で、雪まで降ってるんですもの 気になってオーボエ&ファゴットが居るかと探したら、居ましたね。楽器割れそう~)。

バレリーナの踊り、フェラーリの登場(イタリアだからね)、聖火の点火 そしてフィナーレはパバロッティーによるトゥーランドットの有名なアリア‘誰も寝てはならぬ’(ちなみにこのときの演奏は初めのとは違う有名なオケのようでした)。

各国集合

美人なお姉さん

聖火


各国の入場を見ていて思ったのですが、世の中には実にいろんな国があるんですねー
南国は出場者が少ないですね。3人とか、5人なんて国もありました。10人以下の国はそれこそ山ほど。
やっぱりヨーロッパは出場者も多い。フィンランド、ドイツ、フランス、ロシア、カナダ、中国なんかは出場者がすごく多かったですね~。イタリアももちろん。

出場者の数の多さって、もちろん寒さ(=ウィンタースポーツができるかどうか)に関係していると思うんですけど、それ以外に、国の豊かさにも関係してるんだろうなーなんて思いました。
アメリカや中国など、国を挙げてスポーツ選手の育成に力を入れている国は別として、それ以外の国は、豊かであればあるほど競技人口が多い→強い選手が多い→オリンピックの参加人数が多いっていう図式が成り立つんじゃないかなぁと。
サッカーなんかだと、割と先進国でなくても強かったりしますが(サッカーって土地とボールとゴールさえあればできますからね)、ウィンタースポーツはまず道具が必要なので、大抵お金がかかる それで、なかなか先進国以外では競技人口が増えないんだろうな。そう考えると、クラシック音楽も一緒かも。そんなことを考えながら、国名と人数を追って見ていました。

いよいよ日本
と思ったら、ドイツの直後だったので、なかなかカメラが映してくれない! ドイツはもういいよー。早く日本を映して~!
自分が日本に居たら、こんなことどうでもいいと思いそうですけど、なんにせよ今は日本ネタに飢えているので、こんなちょっとした部分でも日本を感じたいのですよねー。
一瞬写った画面で、スピードスケートの加藤選手と岡崎選手を確認。懐かしいなぁ。両選手ともメダル候補なのでがんばって

お目当てのフィギュアスケートの選手は確認できず
今までブログにはあまり書いてきませんでしたが、私はかなりのフィギュアスケート好きです。
本格的に見るようになったのは、前回のソルトレークシティシーズンから。
ソルトレイクを見て村主さん、本田君など日本人選手の素晴らしい滑りに痛く感動し、そのまま勢いで3月の長野ワールド(世界選手権)のチケットを購入し長野まで行って生観戦してからは、私に感化された両親も巻き込んで、名古屋のフィギュアスケートフェスティバルには度々行きました。浅田真央&舞ちゃん姉妹も、今回のトリノへ出る村主さん、荒川さん、美姫ちゃんも高橋君も生で見ました。
フィギュアの生って本当すごいんですよ、迫力が。ジャンプの着陸なんてズジャッ!!ってそれはもうすごい音がします。あんな衝撃をあんな細い足で耐えてるんだ。どうりで選手生命が短いわけだ! なんて納得したものです。
競技の生観戦は長野一度きりですが、テレビでやっているときは必ずチェックし、それ以外は(悲しいかなマイナースポーツのフィギュアはオリンピックシーズン以外はかなり露出が減るので)細々とインターネットで情報を得つつ、これまで過ごしてきました

じつのところ、トリノまで行っちゃおうかな~?なんて思ったりもしました。何年か前から、トリノオリンピック期間はドイツにいるかも?と思っていたので、ドイツからイタリアってそんなに遠くないよね?と思って(あくまでも、日本から比べるとですよ)。
それもつい1週間くらい前、ネット見てたら、まだ正規のフィギュアのチケットが余ってて‥そんなに高くなくて‥もう買おうか本気で悩んだんですよ
でも、お金ないし(チケット代以外に、交通費も宿泊費もかかりますし)、授業も休まないと無理な日程だったので、泣く泣くあきらめました これが来年とかもっとドイツに慣れてきた頃だったら確実に行っていたでしょうね。残念。

というわけで、長くなりましたが、しばらくブログは、トリノ観戦記になるかもしれません
もうこの期間は、とっとと練習終わらせて家に帰る予定です。 その代わり、早起きして朝練習しないと 時差がなくてよかった。もし深夜だったら確実にまともな生活崩壊してたところ

みなさん、日本はこれから夜テレビで録画した開会式をやると思いますが、ぜひ見てください。なかなか見所豊富ですよ
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

メイプルさん、しばらくご無沙汰です。

そう、トリノオリンピック始まったんですよねー。
僕は最近ほとんどテレビを見ることがないのですが(理由:家までもドイツ語に浸りたくないから)、昨日たまたまテレビをつけたら開会式やってましたねー♪
でも長そうだったし、眠たかったんでそうそうに寝ちゃいました・・

しかし、そんなに開会式はよかったんですか!?
確かにイタリア人はこういうこと(一見無駄そうなこと)には、かなり力を発揮しそうだし、独創力が溢れてますからねぇー。

いずれにせよ、念願のテレビがゲットできてよかったですね v-308



Jassiさん、こんにちは!

途中で寝ちゃったんですか~。それは残念。
たしかにドイツ語は疲れますけど(ナレーションに黙っててとか思いました。それと英語で喋ってる人の同時通訳。そのままの方がいいのに‥等々)やっぱり競技を見る楽しさがありますから。

イタリア人は、ああいうことが得意なんですかー。知らなかった。まぁでもドイツ人じゃ(ああいうみんなで力を合わせるようなことは)無理そうだな~とは思いましたけど‥。



お!ちゃんとオリンピック見れてるようだねぇ~^^
良かった良かった♪

俺は彼女も来るし、今は本と映画(映画は今から届くんだけど)でのドイツ語勉強でイッパイイッパイなので、しばらく借りてていいよ~^^

もしDVDとかにうつすことが出来るんだったら、是非後で見せてくださいな♪



nori君、いらっしゃいませ。

本当にありがとう、おかげさまで心置きなく見れます。
今回見れなかったら、きっと五輪終わってからもしばらく嘆き続けていたと思う。そのくらい見たかったのです。

このパソコンで録画は無理そうなんだけど、日本の彼に録画を頼んだので、おそらく後でまた見れると思います。そしたらまた連絡するね♪



よかったねー、テレビ。ドイツとイタリアってそんな近いっけ?
日本でもフィギアは人気だから、盛り上がってるよ。
最近はNHK以外でも生放送やってるし。

開会式のあの寒さでの生演奏は大変だよね。
どうやって音程をキープしているのか知りたい。やりたくないけど。



とっこさん。

ドイツとイタリアはスイス(またはオーストリア)を挟んで隣の隣だよー。地図見たら、カッセルからパリまでの距離と、トリノまでの距離は同じくらいだった。

そうそう、民放の生放送が曲者でさー、アナウンサーはしゃべりまくってうるさいわ、選手に変なキャッチコピーつけるわ、技の名前間違うわで‥NHKの方が良かったなぁ。
その点ドイツの放送は無駄にしゃべらず演技に集中できて好感持てます。

オペラの方のオケは、まだステージの中(?)だから良さそうだったけど、初めの若い人たちのオケは‥。学生かなぁ? 見ていて気の毒でした。



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。