スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサート行きまくりの結果‥

2006/03/03 07:04
2月は逃げてしまう、と言いますが本当にあっという間でした
なんでこんなに忙しかったのか? と考えたところ、2月は、コンサートにたくさん行ってました。

1.ケルン放送響
2.ゲッティンゲン・シンフォニー・オーケストラ
3.Theaterオケのオペラ

4.フルートの先輩の卒業演奏会
5.TheaterオケのProbe(練習)
6.Theaterオケのメンバーによる室内楽(ブラームスプログラム)
7.歌の先輩の卒業演奏会


今数えたら7つもありました。4日に1回行った計算! どうりで忙しかったわけだ(レッスンも7回あったし)。もちろんひと月でこんなに行ったのは過去最高。

いろんな演奏を聞いて思うこと。
初めは、素晴らしい響きに感動します。
でも少し耳が慣れてくると、いろいろと気になりだします。この人このへんは得意だけどこのへんは苦手なんだろうなぁ、もっとこうしたらいいのになぁとか‥。
そして、最後まで全く飽きない演奏会、というのはあまりありません。自分よりずっとずっと上手い人たちの演奏なのに‥。

演奏会でこういう風に聞いちゃうのって、悲しいことです。素直に感動できない(全てが素晴らしい!と思える演奏は、本当に稀)。でも、仕方ないですよね。一旦耳がこうなったら、もう止められない。

もちろん感動はしてるんですよ。特に、今回卒業した先輩方は、2人ともかなりレベルが高い上、これぞ留学の成果の集大成、という感じで充実したものがとてもよく伝わってきたし、すごく感動しました。私が卒業する頃はこんな風にできるかなと思いましたし。

でも、ひっくるめて色々考えたのは、人の演奏を聞いてこんなに思うことがあるってことは、自分の演奏なんて、大変。人に聞かせられたものじゃない。こんなーに上手い人たちの演奏でもなかなか満足できないのに、自分の演奏が満足できるようになるのって一体いつ? 人が感動してくれることなんてあるんだろうか? そんな日は永遠にこないんじゃ‥?! な~んて考え出すと、頭の中は、メビウスの輪状態

毎日どんなに練習しても、納得できる演奏はほとんどありません。皆無に近いかも。そして、一日が終わる度に、あ~あれもこれもできなかった、また明日がんばろう。と思って、気づくといつの間にかレッスンです。
そんな状態でも先生にはOK、って言ってもらえるということは、ある程度の成果で納得することも大事ってことですよね?

みなさんどうなんでしょうか。
人の演奏聞くと、やっぱりいろいろ気になるんでしょうか。きっと音楽やってる人だったら誰でも、多かれ少なかれ、このように思いますよね?
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

おぉ~、さすが音楽やってるだけあるね!
俺は音楽好きだけど、ただ好きなだけだから、何を聴いても面白くって感動するので、得してるのかもね^^
まぁ、色々違いがあったりで、好みじゃないなって思うことはもちろんあるけど、大抵は楽しめるよ♪

何かを専門としてしまうと、それに関連することが気になってしまってしょうがないってのあるよねぇ。
俺は教育で来てるけど、ドラマや映画とか見てると色々考えちゃって、中々本編に集中できないことがよくあるもん。

日本にいると4日に1度演奏会に行くなんて、相当の事がない限りありえないのに、ここだと出来るってのが“ドイツ”って感じじゃない?



nori君、こんばんは。

そうだよねぇ、やっぱりその人の気になるところって、それぞれだよね。私はドラマや映画見ててもそんなに考え込むことないからな~。
きっとこれからは、もっともっと気になるところが増えて楽しめなくなるんだろうなぁ、と思うと複雑。

日本に居たときも、コンサートへは行こうと思えばもっと行くこともできたけど、時間とお金がなかったのです。今もそれは一緒だけど、意識的にたくさん行くようにしています。演奏聞くのも勉強のひとつだと思うので。

でもドイツの方がそれだけチャンスが多いのも事実だよね。そういうnori君も、よくコンサート聞いてるもんね★



私の場合、やはり悪いところが気になる時はありますが、それ以上に良いところの方が支配的で演奏会を楽しんでいるような。



1916さん。
なるほど。1916さんほど(CDも含め)いろいろ聞く人でも、そういう風に聞けるのですね。うらやましい。

私の日本の先生などは、もうホント典型的音楽家で、いろいろな演奏のことをかなり痛烈に批判されていました。その反面、褒めるときもすごい褒め方するんですけどね。

この差は、その人の受け付け可能な範囲の広さなんだろうなぁ、きっと。



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。