スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪と熱と恐怖

2006/03/09 07:49
きょうの街は1日、かなりの雪。
朝はパラパラだったんだけど、昼過ぎからドサドサと降り出し、23時現在まだまだ降り続けています。
明日の朝は、かなり積もってるんだろうな~。春どころか、真冬に逆戻りです。あ~ヤダヤダ。早く太陽と可憐な春の花が見たい。

熱の方は、36℃台後半で彷徨っています。
きょうの早朝、一瞬だけ35℃台(平熱)になったんですが、学校へ行って授業3つ受けて、練習して、帰りに雪に打たれながら帰ってきたらぶり返した模様(爆)

きょうはMusikgechichte(音楽史)で、現代の作曲家Huberの曲を聴いたんですけど、それがもう、本当にスゴイの。気味の悪い人の声(合唱)から始まり、Tuttiの大音量が悲鳴のように聞こえ、その後また声がしたんですけど、それがまるでお経みたい。
約20分、こんなのをじっと聴いていたので、タダでさえ風邪と雪で寒いのに、悪寒までしました。もう二度と聴きたくない(Huberさんゴメンナサイ。でも本当にそのように思ったんでですもの)。
現代音楽も食わず嫌いをやめて聴かなきゃなぁと思うのですが、最近(つまり現代)授業で取り上げられる曲、みんながみんなこんな調子で、ますます遠ざかってしまう‥。
作曲家は、聞く人に一体何を伝えたいんだろうか? 心配? 不安?? 恐怖???

そんな調子なので、練習も全然はかどりませんでした。
オーボエ吹くと、頭がぼーっとするんですよ。ピアノならまだ大丈夫なのに。
先生より、次回から、コンチェルト2曲平行してやりましょうとお達しがあったので、学校の図書館にない楽譜をきのう楽譜屋に電話で注文しました。きょう帰って郵便受け見ると、なんともう届いているではありませんか?! あまりの早さにびっくり。きょう届いたら、さらわないわけにはいかないじゃん! がーん
私はあさってのレッスンが恐怖です。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

私もメロディーのない現代曲は嫌い。聴いていて気分悪くなるもん。あれって好きな人はいるわけ?CDとか出たら買うの?
疑問だよねえ。好きな人にどうして好き何だか聞いてみたいよ。

風邪は養生してね。オーボエは風邪引いたら吹けないよね。私も一度死ぬ思いで合奏に出た経験があります。



とっこさん。

CDが存在するってことは、買う人もいるんだよねぇ、きっと。
メロディーのある現代曲ってあるのかな。私の中では、現代曲=メロディーないってイメージになってしまってるんだけど。

風邪ひいたのは不覚だよ。ちゃんと練習できないと、ストレスたまる~。
無理して合奏出たのはKオケのとき? 本当に苦しいよね。



お加減如何ですか?
微妙に風邪をひいているのって、本当に嫌ですよね。
我慢すればなんとか出来る、でも集中力は散漫がちで、なかなかはかどらない・・・・
このなんともモヤモヤとした感じ。まさに僕も2月がそうでした。
今年の風邪は性質が悪いんですかねぇー、僕も未だに風邪が完治ではなく咳が出るんですよね。
週末はゆっくり休めるといいですね。



Jassiさん。

ありがとうございます。そうなんですよ、症状がひどければあきらめておとなしく寝るんですけど、微妙に動けるだけに、動いてしまって‥。
Jassiさんの風邪はまだ完治していないんですか、それは性質が悪い。そういえば、私の周りでも今風邪をひいている人がちらほらいます。
何なんですかね~。今年の冬は長いってドイツ人が言ってましたけど。これだけ寒きゃ風邪もひきますよね。



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。