スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26回目に想うこと

2005/11/21 23:30
きょうは26回目の誕生日でした。

リードつくって、練習して、最後に講師の先生の演奏会聞いて。
本当に普通の一日(ドイツにいるってことを除けば)。
でも、これまでの25回の誕生日と違い、今は音楽を勉強できているという事実が、私を幸せな気分にさせてくれます。

オーボエを始めたのが15の時だったから、もう今年で11年目になるんですね。
長かったような、短かったような。

オーボエを手にしてからの10年は、いつも『もっともっとオーボエをやりたい。うまくなりたい』と思い続けてきました。

自分の楽器を手に入れるまで、毎日『あと○年○ヶ月でオーボエとさよならだ‥』と悲しんでた高校時代。
大学に入ったものの、部活にどんどん夢中になっていった日々。
本気で音楽がやりたい!と思ったものの、かなわず卒業、就職‥。仕事3つ掛け持ちで、どんどん音楽から遠のいて行く気がした3年間。
人生、思うようにいかないことが多すぎだなと何度も思いました。
そして早10年。
紆余曲折を経て、やっと今、自分の人生を歩き始めた気がします。

ドイツに独りで住んでるってことは、とてもさみしいし、不自由ばっかりだし、ストレスもたまります。ぜいたくもできません。
でも、今までにない自由を感じています。
ここでは、誰も私が音楽をやることを妨げない。同じ志をもった仲間がいる。すばらしい先生がいる。そして、何より、思う存分音楽ができる!!

日本では楽しいこともたくさんありました。離れたくない人もいました。
『今も十分楽しく音楽がやれてるのに、なんで全部捨ててドイツまで行くんだろう?』
社会人時代には、正直このように思ったりもしました。

でも、いまはっきりと言えます。
『ドイツに来て良かった』
いままで支えてきてくれた人、励ましてくれた友達みんなに本当に感謝してます。この場を借りて、ありがとう!
この先、大変なこと、うまくいかないこともまだまだたくさんあると思いますが、後悔しない自信はあります。

よし、明日からもがんばるぞー。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

こんにちは、メイプルさん。
度々僕のブログに書き込んでくださってますよね?
(もし違っていたら、ごめんなさい)

2日遅れですが、誕生日おめでとうございます v-353v-315
今まで紆余曲折があって音楽を勉強するためにドイツにみえたんですね。
僕も社会人経験を積みお金を貯めているうちに20代後半になってしまい、もっと早いうちにヨーロッパに来たかったなと思っていたのですが、結果的には時間はかかったけど、このような道筋をたどってきてよかったんだろうなと今では思っています。その間にいい経験をさせてもらったし、素晴らしい人達にも出会え、だからこそ(当然たくさん辛い寂しい思いもしましたが)今のところ自分のだいたい思い描いた通り事が運んでいるので。

海外で一人で暮らす辛さに簡単には慣れるものじゃないでしょうが、頑張ってくださいね♪



>Jassiさん

書き込み&お祝いありがとうございます!!
すごくうれしいですv-290
そうです、私はちょくちょくJassiさんのブログへお邪魔しているメイプルです。
ブログ作ってみたはいいものの、Jassiさんのようにうまくは書けないので、うまくいかなかったら止めればいいやと思って、今までこっそりとやってましたv-356

Jassiさんもドイツに行こう!と思われてから、実際に来るまではけっこう時間がかかったのですか?
私ももっと若いうちに来れたら、いろいろ違っただろうなぁとよく思います(特に音楽をやっているので)。
来るまではいろいろとためらわれたことも、いざドイツへ来てみると、けっこうなんとかなったりして、勢いでもっと早く来ても良かったのかなとか‥。
でも、それまでの道のりは、絶対無駄にはならないですよね!
いえ、無駄にしてはいけないな、と思って日々過ごしてます。
いまはまだ(言葉の面でとくに)大変なことも多いのですが、ドイツで好きなことができるうれしさの方が強いです。

ドイツで働き出したJassiさんは、私の目標の姿でもあるんです。私もそうなるよう、がんばりますv-91



ブログを書き始めたばかりの頃は書く内容もそうですが、文章スタイルも気になるところですよね。
僕も最初は文章が硬すぎるかなーと思っていて、最近軽めの文章を書くようにしているのですが・・・ なかなかバランスが難しいところです。

目標の姿 なんて言われるとかなり恥ずかしいです。
ブログではちょっと見栄をはって書いている部分もあるので、まだまだ全然未熟者です。
ちなみにドイツに行こうと決めたのは留学の2ケ月ほど前です。
ただ、学生時代就職活動をしているあたりからヨーロッパ(特に英語圏)への建築留学は考えていました。
だから構想年数は4,5年ぐらいでしょうか・・・
だから会社の人には決して口が裂けても、辞める前提で入社したなんて言えませんでしたけどね (^-^;

確かに勢いでえいやっ!と実行する勇気も大切ですが、それまでの準備というか蓄積がないとうまくいかないのじゃないかと思うのですが。留学したけど結局行っただけ・・・・ という人はやはり多いですものね。そういう意味で、社会人を経験して留学している人にはすごくシンパシーを感じます。



私はJassiさんの硬めな文章も、考えさせられるところがあってすごくいいと思ってますよ☆

>会社の人には決して口が裂けても、辞める前提で入社したなんて言えませんでしたけどね (^-^;
あ~わかります、すごく。
私はけっきょく、卒業するときにはもう留学を前提にしていたので(構想年数6年くらい)、正社員ではなく派遣という形をとったのですが、それでも留学のことを正直に話していたところ一度すごく不利益を被ったことがあって、それ以来ひた隠しにしてきました。二重生活は、精神的にけっこう大変でした。

>確かに勢いでえいやっ!と実行する勇気も大切ですが、それまでの準備というか蓄積がないとうまくいかないのじゃないかと思うのですが。
たしかに、この社会人経験があるからこそ、いま少々苦労しても『あの時に比べれば』っていう思いはすごくあって、乗り切れる部分は多いかもしれません。
そう言って頂けると、もっと自分の辿ってきた道程をもっと大事に考えていいのかなという気がしてきました!



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。