スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭にきた話

2006/11/06 09:49
えーっと、きょうの話は、読んでてあんまり気持ちのいいものじゃないと思うので、それでも良いという方のみ続きをお読みください。
自分自身のストレス解消のために書いてます。はい。
前回ブログに書いたオケの話。
忙しい合間を縫って、先週土曜日、1回目の練習に行ってみると。
『?! これしか居ないの??』
10人いるかいないかという人数。1stヴァイオリン1、2ndヴァイオリン1、チェロ2、クラ1、ファゴット1、ホルン1、トランペット2、それと私オーボエ1名。
『これオケだよね? 室内楽じゃないよね?』
と目を疑うも‥、気を取り直して練習開始。ビゼーのアルルの女から。

『◇●※★#▭〷σ‥
リズムなし音程なし。まるで何の曲かわかりゃしない。
オーボエは始め数十小節休みなので、ずっと待っていたんですが、待てど暮らせど自分の番にならず。途中、音がなくなって中断すること10回以上。

始まって5分もしないうちに、本気で帰りたくなりましたよ。
だって、上手いとか下手とかそういうのじゃなくて、明らかに練習してきてない人がいるんですもん。
3日前に楽譜もらった私でさえ、音源かき集めて曲聴いて、楽譜製本して、小節番号振って、間違いやすいところ印して、ひととおり練習して行ったのに‥。

弦が本当にひどい。ただでさえ人数が少なくて聞こえないのに、誰もまともに弾けていない。
管はまだまし。クラは一番良く、ホルンはたまにリズム音痴になるけど許容範囲。でもファゴット音程ないし、自分のテンポでずれたままずっと吹いてる‥しっかりしてオジサン!! てか気づいて‥

指揮者は、どこかできちんと勉強した人らしく、それだけが救い。
でも本当にイライラさせたのが、指揮者が何か言うと、誰も彼も必ず何か言い返すこと!
つべこべ言わず、言い訳せず、とりあえず吹け~
ろくに吹けないのに、プライドだけは高いって、わたしゃ一番嫌いだね。

吹くの数分、待つの数十分‥、っていう感じで練習は進み。
土日の計6時間かかって、やった曲はビゼーとモーツァルトのピアコンのさわりのみ。
一体何回ビゼー繰り返したんだか。何回繰り返しても、弾けないところが弾けるようにはならないのよ、練習しなきゃ。

この土日だけで、すごく時間を無駄にした気がしたので、本当のところもう辞めたかったのですが、私の『断れない』性分がありまして。
いま辞めると、コンサートまで時間ないし、きっと困るだろうなぁとか、指揮者がかわいそうだなぁとか、電話くれた事務の人は送り迎えしてくれたり(高速に乗ってなんと1時間以上かかる街なのですよ)何かと気をつかってくれるしなぁとか考えると。

事務の人には、初回の練習前に 『12月にも演奏会があるので、一緒に演奏してくれたらとてもいいのだけれど』 とお誘いいただきましたが、これは丁重にお断りすることとして、今回のみはなんとかがんばろう

そう決心しましたが、今週の練習がもうものすごく憂鬱なこと
金・土と練習し、弦が少~しだけ増えて多少ましになったとは言え、相変わらず、やった曲はビゼー、ピアコン、舞曲の第6曲目のみ。

『あの~、私、水・木の練習は来れないので(学校のオケがある)、あと明日だけで本番なんですけど、まだ他の曲全然練習してないですよね?』
土曜の練習後に、指揮者にそう告げると、『それは困った。じゃあ明日は全部の曲を通さないとね』

そして本日、日曜日の練習に行ってみると。
ピアコンのソリスト合わせの後(ソリストは、顔が固まってましたよ、まちがいなく)
指揮者 メイプルさんのために、きょうは全部の曲を通します』
(冗談じゃないっ!! 誰のためにこんなに練習がすすまなかったと思ってるのっ?!) ←メイプル心の声

いや、私も大人になりましたから、態度には出しませんよ。
でも驚いたことに、まだもらってない楽譜が3曲もあった!
信じられなーい!!
4日+半日かかって2曲しかできなかったのに、本番まであと2日半の練習(しかも平日夜のみ)しかないというのに、あと6曲も残ってたなんて!!!
しかも楽譜送ってよっ。ヨハン・シュトラウスとヘンデルなんて初見で吹けないって!
(曲名はトップの演奏会出演予定を参照)

なんとか通しましたけどね。無理矢理。なんか、前にやったことがある人も居たみたいで、まぁなんと~か。

しかーし。
ここまで私的に、一番心の拠り所であった指揮者が、ヘンデルの通しの後、吹けなかった私に対して
『(4声あるうち)第2声を吹いている人は? メイプルさんだけ? もしメイプルさん吹けないなら誰か他の人吹いて‥』 等々言い出した!
これには 完・璧・に・頭・に・キ・タ !!!!!

なぜって、私が吹けなかったのは、そりゃあ私の初見力のなさもあるけど、ほとんどは楽譜のせいなんですもん!
この楽譜を見てください。(写真はクリックすると拡大したものが見れます)
楽譜その1

ちょっと分かりづらいかもしれないけど、よく見るとこの楽譜、印刷がすごく薄くて、四分音符と二分音符が全く判別できないのです!
それで、合奏中に書いた、私の手書き音符が上に。ちなみに3/2拍子だからテンポはかなり速め。
となりの1stのお姉さんなんて、あまりの読みづらさに、コンピューターで打ち直した楽譜持参してましたよ。

本当、まったく頭にきますよ。
楽譜を送らなかったそちらのミス、他の人が練習に来ていないがために私ひとり2声を吹く羽目になったこと、等々、100歩譲ってすべて目をつぶったとしても、そんな言い方ってないでしょう

だいたい、これまでフルで練習に来ているのって、私以外にホルンの女の人1人だけじゃない? 1stオーボエの人だって今日で2回目だし、今日なんてチェロも2ndヴァイオリンも1人もいないし、団員がこんなに練習に来ないのに、毎回練習に来て、きちんと吹いて、たまたまこんな理由で吹けなかった私をコケにするとは何事?
もう本当にイヤになったので、指揮者のこの後の台詞は、1stのお姉さんの楽譜を写させてもらいながら思いっきり無視してやりました。

いや、でも1stのお姉さんが 『この楽譜は本当にひどいから!』 と指揮者に抗議してくれたし、フルートのおばさんは 『本番はもっと2声を吹く人がいるから』 とフォローしてくれたけど。
あーいらいらする。

それで、家に帰ってきて、したこと。
楽譜を清書しましたよ。
楽譜その2

演奏会では絶対にカンペキに吹いてやる。そして、金輪際、あのオケでは吹かないね!
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

ドイツ人の"Ich"の強さには、ホント閉口することが多いよね。
何でココまで周りの事を無視してIchを主張できるんだ!!って突っ込みたくなります。
ホント、共同体感覚の強い日本人には中々馴染めないお国柄だよね。
ここでも寮生活=集団生活なので、たまにすっごくカチンと来ることがあるよ~!まぁ、俺の場合は期間限定の学びなので、我慢だね。
メイプルは滞在予定期間ってないんだよね?確か?頑張ってねぇ~!!
色々大変かもしれないけど、最近はオケが入ってよかったね^^お給料も入るんでしょ?あなたの望む期間、ドイツに入れることを願っています。



うぉ~☆

音楽のことはわからないけど、中途半端な人たちはいやだぁ~!!!
みんなもっと真面目にやるのだぁ~!!!と、言ってやりたくなりました(´;ω;`)
・・・演奏会ではみんなバッチリ合うコトを祈ってます♪
オケって人がいっぱいだから、1曲合わせるのも難しそうだねぇ☆ガンバって!!



nori君

『ドイツ人と日本人は国民性が似ている』
日本に居たとき、よくこういう話を聞いたけど、ぜーんぜん違う!と思うよ、まったく。きっと何年ドイツに居たところで、彼らの自己主張の強さに慣れる(あきらめる)ことはあっても、理解することはできないだろうと思う。
ドイツでこんなに頭にきたのは久しぶりだよ~。集団生活のnori君のほうがよっぽど大変だろうと思います。私は去年のWG2ヶ月でもう懲り懲り。
ちなみに今回のオケはノーギャラですよ。だからなおさら思うことがあるんだよね。



サクラさん

オケって人がいっぱいで、いろいろ問題も起こったりするんだけど、だからいいこともいっぱいあるのよね。全員のの音も気持ちも一体となったときは、最高です。
もっと真面目に、ってホント言ってやりたい。私が『初見で吹けないよーどうしよう』と言っていたら、1stオーボエのお姉さんに『だいじょうぶだいじょうぶ。問題なし!』と言われたのは、うれしくなかったです。どうでも良いって感じで。
演奏会で奇跡が起こることはないと思うけど、とりあえず自分だけでもちゃんと吹けるようがんばります。



先日、無事に帰国しました。
音楽のことは本当にわからないけど、でもきっといい経験になると思う!素人の意見だけれど。
ドイツ人のあのいい加減さは私も閉口しました。
でも、こっちが怒っても、それが相手に伝わらないと意味がないんだよね。
なんか暖簾に腕押しみたいな感じだったのを覚えています。
とにかく、体調にだけは気を付けてくださいね!




あ、上のコメントは私です。名前が途中で消えてました。



りくやさん

無事に日本に帰国したんですね!
先日は、本当にありがとうございました。
メールを送りたかったのですが、送信だけできなくなっていて‥すみません。
写真もたくさん撮ったので、CD-Rに焼いて送ろうと思うのですが(メールが直っても、うちのアナログ回線だと送信に何時間もかかってしまうので)、よかったら住所をメールで送ってもらえますか?
いい加減なのは、音楽だけではないんですねー、りくやさんもそんなことがあったのか。
私は何か『怒る』ということがうまくできないんですよね~。ドイツでは相手の反応に『あ然』としてしまうことが多くて。勝手に言わせとけ、とか思ってしまう。これって良くないのかもしれないけど‥。
今回のオケでは、残すところあと本番だけなので、最後まで怒らずやってみようと思います。



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。