スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念すべき冬休みの幕開け

2006/12/25 07:56
おととい 『冬休みは毎日更新します』 と書いたばかりなのに、のっけから更新せず、きのう見に来てくれた方が居たらスミマセン。。。。
きのう帰ってきてから更新するつもりが、予定外に帰宅できず、朝帰りも昼帰りも通り越して、晩帰りになってしまったのです。

というのも、別にあやしい理由でも何でもなく、友達のところのパーティに行ったら、終バスを乗り逃し、その後はもうどうでもよくなり夕方までだらだらと居続けてしまった‥それだけのことです

話は少し遡りますが、今までブログにはほとんど登場しませんでしたが(以前ほんの一瞬だけ触れたかも)、私の住んでる建物には、4月に偶然引っ越してきた、Aちゃんという同じ学校の日本人のピアノ科の学生がいます。
私の行っている学校は、もともとすごく日本人が少ない上に、先ゼメ(学期)半分くらい人が卒業してしまったので、現在日本人はたったの5人。
日本人同士、学内に居ても、受けている授業が違ったり、来ている時間帯が違ったりで、普段他の日本人と顔を合わせることはまれで、1週間どの日本人とも会わなかった、というのもしょっちゅう。やはり普段はそれぞれ練習がありますから、学外でわざわざ予定を合わせて会うというのもなかなか難しく、あまり日本人との交流がないドイツ生活なのですが、その中でも、私がほぼ唯一と言っていいほど会っているのがAちゃんなのです。

社交的でドイツ語も堪能な彼女が 『最近学校で仲良くなったマヌエルの家でパーティやるから一緒に行かない?』 と誘ってくれたので、行くことにしました。

集まったメンバーは多国籍。
エクアドル人のマヌエルとそのいとこのオスワルド(ともにバイオリン)、
インドネシア人のパウルス(ピアノ)、
中国人のファン(チェロ)、
ドイツ人のジェニファー(ピアノ)、
そして日本人のAちゃんといった具合。
各自、祖国の料理をつくりみんなで食べる、という趣旨の〟クリスマス前夜祭〝 (今、勝手に命名。日にちはたまたま。)
ちなみにドイツでは、こういうパーティー非常に多いです。私はこのスタイルすごく好き。日本だと、友達と会うときはどうしても、レストランで食事、になりがちですよね? でも、店の営業時間、駐車場の有無、車だとアルコール飲めない、はたまた自分たちの滞在時間(居座るかはしごするか)‥などいろいろ気になります。でも、このスタイルだとそういう心配もいらないし、店よりくつろげるし(まぁその家にもよりますが)、経済的だし、料理の話からお互いの国の話になったりしてより親しくなりやすいです。

そして並んだ料理がこちら。(写真はクリックすると拡大したものが見られます)

temaki
日本代表: 手巻き寿司。Aちゃん&私作。

Ecuador
エクアドル代表: 豚肉のビール煮とポテトのオーブン焼き。マヌエル&オスワルド作。

Indonesia
インドネシア代表: 鶏のココナッツカレーソース煮つきナシゴレン。パウルス作。  などなど。

どれも、かな~り美味しかったです 私たちは寿司だったので、料理するってほどでもありませんでしたが、男性陣の力作料理の数々には驚きました。みんな料理上手すぎ

とまぁここまでは至って健康的な会だったのですが(食べすぎという点を除けば)、食後にゲームを始めると‥すべてがおかしくなりました。
みなさんはRommé(ロメー)というトランプゲーム知ってます? たぶんフランス語(確証ありません)。
2組のトランプを使って、10枚もしくは11枚の手持ちのカードを、決まったルールに従って捨ててゆき、初めにカードが無くなったプレーヤーが勝ち。その他の負けたプレーヤーは、持っているカードの数に応じて点数になり、点数が少なければ少ないほどよいゲームなのですが(私の中では大富豪に近いイメージです)。
もちろん1ゲームで終わらせることもできるけれど、何ゲームかやって、どんどん点数を加算してゆき、その合計点の少なさで競う、ということもできるわけです。
単純なルールだけど奥が深いので、やりだすととまりません。

一旦、終バスで帰るつもりで家を出たものの、ぎりぎりのところで乗り逃し、マヌエルに 『夜の特別臨時バスが来るまで待たせて』 と頼んで再度ゲームに参加したら、破滅への道
1時間後に、Aちゃんと 『次の臨時にしようか』 と言って帰宅を延ばすと、ゲームはますます白熱。次のバスはもう翌日しかない。
特に私とAちゃんはこのゲーム初めてだったので、すごく弱くて、悔しくて。私なんて、第2ゲームから16連続ビリでした。『勝つまでは!』 とか言ってやってたら、止まらない。こんな調子で惰性で続けてしまい(これ、ひとりしか勝つ人がいないんで、その他はみんな悔しいんですよ)、気づけば朝の7時。なんと8時間以上もぶっ通しでこのゲームしてました。
それから、4時間くらい睡眠をとって、11時すぎに起きたら、疲れもあってなんとなくまったりして、きのう残った料理を食べ始め昼食になり、さらにその後DVDで映画まで見て、ついに夕方帰宅。
まったく〟記念すべき素晴らしいクリスマス〝となりましたよ。

マヌエルの家ってば居心地良すぎ
ちなみに、オスワルドとパウルスは、この後も残る、と言っていたけど、いつまで居たんだろう? 全く帰る気配なかったけど、もしかしてまだ居たりして

こんな羽目はずしたのなんて、数年記憶にないです。。。。大学時代以来か。っていまも大学生だけど。
まぁたまにはいいかと。明日から心を入れ替えて、練習します。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

うわぁ~!
すっごく楽しそう!
料理の写真を見ていたら、食べたくなってきますよ。
私がドイツではまったものに、「モノポリー」というボードゲームがあります。色々ヴァージョンがあるけれど、人生ゲームみたいなものかな?
Karstadtのおもちゃ売り場などでもよくみかけたので、もしよかったら探してみてくださいね。
【私信】メールの返事、遅れていてごめんなさい・・・。



りくやさん

料理はどれもおいしかったので、しっかり作り方を見ておきました。こうしてレパートリーを増やしてます☆ りくやさんも、ドイツで色々覚えたんじゃないですか?
モノポリーって、もしかして私もやったことがあるかも?! 他のとごっちゃになっちゃって、どんなだったかよく思い出せないんですが。大人になってから、トランプはあまりやらなくなったけど、ドイツだとなぜかはまります。こっちの生活には、なんか単純なものが良く合うっていうか。
メールは時間のあるときで全然かまわないので、気にしないでくださいね。気長に待ってます。



いいなぁ~

サクラもそんなパーティーしてみたい!!
多国籍な集まり羨ましすぎですぅ~♪
でも、日本人のお友達も近くにあるとまたまた楽しいね♪



サクラさん

ドイツは外国人たくさん住んでいて、それがすごく自然なので、こういうパーティよくありますよ。そして、外国人だからって好奇の目で見られたり構えられたりということがないので、とても楽♪
でもたまに日本語でむしょうにしゃべりたくなるので、近くに日本人が住んでるのも助かります!



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。